<rt id="a2igc"></rt>
  • <source id="a2igc"></source>
  • <button id="a2igc"><nav id="a2igc"></nav></button>
  • <rt id="a2igc"></rt>
    <source id="a2igc"><code id="a2igc"></code></source>
  • <button id="a2igc"></button>
  • <option id="a2igc"><blockquote id="a2igc"></blockquote></option><button id="a2igc"><code id="a2igc"></code></button>
        
    MSC工法
     施工例
     MSC工法とは?
     MSC工法の原理
     MSC工法の特性
     実工事におけるメリット
     成分について
     特徴と効果
     底泥処理のしくみ
     分離土の有効利用
    従來工法との比較
    悪臭防止技術
    施工例
    MSCハイパーNEW!
    カタログダウンロード
     底泥処理

    MSC工法 - Miracle Sludge Clean Method -

    汚れた河川?湖沼?海洋をきれいな水にもどしましょう??!   
      河川?湖沼?海洋では、長年にわたる土砂や生活排水の流入により、水底部に底質汚泥(底泥:ヘドロ)が堆積しています。この底泥堆積は、貯水量?流量の低下や船舶航行の妨げとなるだけでなく、夏期になると水溫の上昇とともに、窒素やリンを増加させ富栄養化を招き、光合成により植物性プランクトンを大量に増殖させることから、水域は汚濁化し、悪臭を発生し水質悪化の原因となります。
    ?。停樱霉しà摔瑜氲啄鄤I理技術は、大きな凝集能と脫水分離作用により底泥を短期間に大量に、経済的に良質な土質に 改良することができ、処理水は浮遊物質をはじめCOD、窒素、リンなどが高度に処理されます。MSCは生態系に悪影響を與えないため、魚類や水生生物の良好な生息環境を造ります。

    特徴
    1.処理後の水?土ともに安全性が確認されています。
    2.脫臭、殺菌効果があります。
    3.処理後の土は無害なため、植栽土等に再利用できます。
    4.処理速度が速いので時間?コストともに削減できます。

    用途
    ?湖沼、河川、ダム等の浚渫汚泥処理
    ?海洋(內灣)浚渫汚泥処理
    ?産業廃棄物汚泥?汚濁水の処理
    ?畜産汚泥?汚濁水の処理
    ?下水汚泥?汚濁水の処理

    施工例

    高崎市城址公園お濠環境整備工事
     浚渫距離:413.8m、除去汚泥量:1,081?
     施工:株式會社ソーエン  設計:(特非)ジャパン?ウォーター?ガード

    MSC工法とは?

     鉄塩、金屬塩を主成分とし、希土類により構成される無機凝集剤「MSC」を用いて行う「底質汚泥処理及び濁水処理技術」の総稱です。
    ?。停樱盲?、疎水化脫水処理、土質改良剤として、浚渫された底質汚泥を含む泥水中の泥分の沈降、圧密を早期に終了させるとともに、分離水を清浄化します。
     底質汚泥の構造は、鉱物粒子の集合體で粗細粒子から成り立ち、粒子間の隙間部分は水と気體で満たされていて、この土粒子は通常負荷電をおびています。
     ここに、MSCを添加すると、MSCは陽イオン物質のために土粒子の負電荷と電気的に中和します。この際、土粒子を相互に結合していた毛管水が切り離され、間隙水、吸著水膜は自由水となる疎水化現象により、土粒子は、互いに吸著し粒徑が大きくなり沈降します。さらに高分子凝集剤を添加すると、フロック徑はさらに増大し、非常に大きな沈降速度を得ることができます。
     こうしてできた凝集沈殿土は、土粒子の疎水化現象により透水係數が大きく、底質汚泥の効率的な脫水処理、容易な脫水土質改良が可能となります。

    MSC工法の原理



    底質汚泥又は泥水中にMSCを添加すると、疎水化作用により、底質泥土中の吸著水膜を破壊して土粒子間の毛管水が切り離されて自由水となります。切り離された微細土粒子は相互に吸著結合して粗粒子となります。 粗?;丹欷客亮W婴?、さらに高分子凝集剤により結合して大きな粒徑となり、非常に早い速度で分離凝集します。 分離凝集された土粒子と水は、再度泥流化することがないため、上澄み水はそのまま排水することができます。透水マット等により濾過することにより簡単に分離することが可能です。 凝集沈殿土は、土粒子の疎水化現象により透水係數が大きく、容易に加圧脫水が可能であり、相互吸著作用により毛管水を介することなく連続して結合するため、土粒子の結合構造が強固となり、大きな圧密強度が得られることから良質な盛り土材料等に再利用できます。
    処理前汚濁水 MSC添加 高分子凝集剤添加 処理脫水後

    MSC工法の特性

    1.沈降速度:
    ?。停樱盲摔瑜肽虻钏俣趣?、従來凝集剤に比べ數倍の沈降速度を示します。

    2.分離水の水質:
     水中の浮遊物質SSや有機物質が凝集沈殿分離されることにより、分離水は清浄な処理水となります。

    3.凝集分離土の含水比:
     凝集分離土は、速やかに疎水化され土粒子間の排水が促進されることにより運搬可能な含水比となります。

    4.凝集分離土の圧密特性:
     凝集分離土は、疎水化され間隙中の水の排水が促進し、土粒子の骨格そのものが圧縮されやすくなり高い圧密係數を示します。

    5.安全性:
     有害物質は含まないため、分離された水、凝集沈殿土は、生物、植物等に対して無害であり安全です。

    実工事におけるメリット

    1.浚渫船の稼働率の向上:
    ?。停樱霉しà?、MSC及び高分子凝集剤の自動供給~攪拌混合を排泥管內で行うことにより、固液分離を早期に終了することができます。容量が小さく、流下距離が短い貯泥池でも、速やかな個液分離により、短期間でより多くの底泥を貯泥池に投入できることから、施工性に優れ、浚渫工事コストを削減できます。

    2.埋立地の早期利用
     浚渫分離土の初期沈降、自重圧密が従來よりも短時間で行うことができることから、搬出の場合には早期にダンプトラックの利用が可能で、埋立、盛り土では、早期に高い圧密強度が得られ、特別な地盤改良工事を施すことなく、短時間で浚渫埋立地の利用を行うことができます。

    成分について

     鉄塩(主に塩化第二鉄)と金屬塩(主に硫酸アルミニウム)を主成分とし、さらにアルカリ希土類により構成されている無機凝集剤です。

    ?塩化第二鉄
    ?硫酸アルミニウム
    ?アルカリ希土類

    特徴と効果

     底質汚泥(ヘドロ)を構成する土粒子內微細粒子の表面を覆う吸著水膜を破壊し、土粒子內に閉じこめられた多量の自由水を解放する疎水化作用に優れています。疎水化された微細粒子は相互に吸著団結化し、大きな粒徑となり速やかに底部に沈殿し、沈殿後は次第に全體が締まり、沈殿量増加に従い圧密が加わります。その結果、土粒子周囲の水は、分離されて清浄な上澄水となります。

    1.土粒子の凝集沈降が早く、特に初期沈降が早いため、分離水の清澄化が図れます。

    2.疎水性が向上し、圧密係數が大きいため、処理地に大量の分離土が収容できます。

    3.透水係數が大きいため、処理地の乾燥が早く、二次施工に早く著手できます。

    4.MSCに含まれる成分は、環境に対して影響を與えず安全です。

    5.MSCに含まれる成分(鉄分、カリウム、カルシウム)、及び底質汚泥中に含まれている富栄養塩(窒素、リン)や微生物によって、分離土は肥料や土壌改良剤としての効果があり、農業用土として有効に再利用できます。

    6.MSCの作用で有機汚泥(ヘドロ)の疎水化作用だけでなく、泥水中の有害物質などの凝集沈降効果があります。

    底泥処理のしくみ




    分離土の有効利用

     內陸部の閉鎖性水域や緩やかな水流の滯留性河川や、近海內灣などでは、水底に底質汚泥(ヘドロ)が堆積し、水質汚濁の原因となっているため、この環境改善として底質汚泥の除去(浚渫)が行われています。また、従來より貯水量の確保や船舶航行のためにも浚渫が行われています。
     こうした浚渫作業は、多くの水域で行われ大量の底質汚泥(浚渫土)が発生し、陸上処分と水域內処分の2つの方法にて処分されています。
     現狀では、陸上処分は浚渫土の陸上運搬を可能にするため、ある程度の脫水?固化処理が必要となること、運搬ルートの周辺環境の悪化などの問題が発生します。水域內処分は臨水埋立地に処分されるため、運搬船により一度に大量の運搬が可能となりますが、水域內処分地も、環境問題や埋立跡地の利用方法など様々な問題で、確保することが困難となっています。
     これら従來工法では、底質汚泥量だけでなく、浚渫作業により加えられた水量を加えた泥水量がそのまま処分地への投入量となり、個液分離に時間を要することから広大な処分地が必要となり、工期も長く工事費も増大するなど多くの問題があります。

     従來工法の問題點

    1.処分地の受入土量の決定が困難であり、確定できない。
    2.埋立中の自重による沈下が見込めないため、受入土量が減少し不経済である。
    3.埋立完了後の沈下(自重)の把握ができないため、地盤改良の見込みが困難である。
    4.セメント系固化剤の使用などにより、産業廃棄物として運搬、処分が必要になる。

    ?。停樱霉しà蛴盲い繄龊?/B>
    1.処分地の受入土量の決定が正確に行える。
    2.埋立中の自重による沈下が把握できるため、受入土量が増大し経済的である。
    3.埋立完了後の圧密強度が高まり、地盤改良の必要なく経済的である。
    4.分離土は、肥沃土であることから再利用可能である。

    従來工法との比較
    悪臭防止技術
    施工例
    Copy Right (C) 2009 SO-EN Co.,Ltd.
    俄罗斯XX性幻女18