<rt id="a2igc"></rt>
  • <source id="a2igc"></source>
  • <button id="a2igc"><nav id="a2igc"></nav></button>
  • <rt id="a2igc"></rt>
    <source id="a2igc"><code id="a2igc"></code></source>
  • <button id="a2igc"></button>
  • <option id="a2igc"><blockquote id="a2igc"></blockquote></option><button id="a2igc"><code id="a2igc"></code></button>
        
     炭素繊維による水浄化
     ミラカーボン|類
     ミラカーボンセット
     炭素繊維の長と比較
     炭素繊維の養殖W
     饅萢接触材
     排水処理設機Ω
     炭素繊維による窒素除去NEW!
     ラグーン処理機ΩNEW!
     地球a暖化防V敢NEW!
     ミラカーボンプラス
     ミラカーボンの設
    設桔
    設画
    設量
     ミラカーボンの施工例
     使屬RT項
     
     カタログダウンロード
     
     
     炭素繊維水浄化材ミラカーボン

    ミラカーボンの設

    設桔

     炭素繊維水浄化材ミラカーボンは、炭素繊維が水中で~効にれ動くように、設することが_要です使`的、現場X況等により・吊り下げ式、・浮崋、・D枠式、・水f敷設、・浮屐椰f敷設などの設桔,あります。

    炭素繊維Y設桔
    設擬 区 分 D桔
     吊り下げ擬  ロープ吊り下げ 。娵親D(水深70?未満)
    。彪親D(水深70?以屐
     ロープフローティングユニット  ロープ吊り下げユニット
     e連Tセット
     イカダ吊り下げ  イカダから吊り下げ
     e連Tセット
     浮吊り下げ  植敝から吊り下げ
     e連Tセット
     浮擬  単独浮崋
     連浮崋
     フロートユニッ
     錘+浮き
     D^材+浮き
     ^フレーム+浮き
     D枠擬  フレームユニット  ^フレームw定
     浄化施設構]
     水f敷設擬  フレーム式
     w定式
     ^フレームw定
     ^w定・錘
     浮屐椰f敷設  フロートユニット  ^フレームw定+浮き
     D枠+水f敷設  フレームユニット  ^フレームw定+浮き

    1.吊り下げ擬
     水C屬ら水中へ、炭素繊維水浄化材を吊り下げ設する擬阿任。基本的には水C屬良發構]颪防w定し、 浄化材下陲縫モリをDりけ、譴豌爾った浄化材が水中でれ動くように設します。容易に設できますが、水C屬膨澆蟆爾加浮き構]颪要です。

    ?ロープ吊り下げ
     炭素繊維水浄化材を水C屬膨イ辰織蹇璽廚茲蠶澆蟆爾伽します。 最も基本的な設で、ロープに炭素繊維水浄化材及びオモリをD、ロープの両端及び中間陲Хe材によりw定します。 水域幅の狭い場所では、両岸にを設しロープ両端をw定します水域幅のjきい場合は、浄化材の沈Tを防ぐために中間、 あるいは浮きによりХeします。イカダ、浮等の浮き構]颪悗瞭DにもWできます。
     設水域の水深が、炭素繊維水浄化材長さ(通常70?)より浅い場合は、U型Dとし、深い場合は、I型Dとします。 さらに水深のjきい場合は、e連Tセットを使します。


      U型Dセット I型Dセット 

    【水深が、70?未満の場合】

    ※水深がある場合は、e連Tセットを使する。
    【水深が、70?以屬両豺隋


    フロート設

    ロープの両端をによりХew定します水域幅の狭い場所では、両岸にХeを設しロープ両端をgTします。 流れのある水域や両岸にХeできない場所では、流れ妓にХeを設けてロープをw定します。ロープの長さに応じ、浄化材の沈Tを防ぐために中間によりХeします。 ロープに約1m間隔でフロートをDけХeします水域幅のjきい場所や、水位変化のjきな場所、水fにをw定できない場合などに適した設桔,任。 水流や風などにより流されるおそれがある場合には、水f陲縫モリをDりけるかあるいはp岸陲茲蠏里靴泙。


    ?ロープフローティングユニット

     広い水域、Hくの水量を効果的に水浄化するため、ロープ吊り下げユニットを\設することによりj量に設することが可Δ任。


    ロープフローティング工法念図


    ?イカダ吊り下げ
     水C屬防發べたイカダより炭素繊維水浄化材を吊り下げ設します。イカダは、v、PVCなど充分な單戮搬刄t性ある材料で組立を行い、 要においてフロート(浮き)をDりけます水深のjきい場合には、e連Tセットを使します。



    イカダ吊り下げユニット


    ?浮吊り下げ
     水C屬防發べた浮下陲、炭素繊維水浄化材を吊り下げ設します。浮は、水屬u地帯]成として、 水辺の景莢および育成植颪湖沼の汚原因である窒素・リンなどを吸収し水浄化作を果たしています。 水中に吊り下げられた炭素繊維水浄化材や、Pびた根や茎は斃Uの魚類の瘛場になるとともに、陰影効果の高いCX構]のため魚類の]集効果があります。



    浮吊り下げユニット


    2.浮擬
     炭素繊維水浄化材の下陲、水fに^枠、オモリ等でw定し、陲縫侫蹇璽箸鯑Dて浮屬気擦得します。 下陲、水流にて‘阿靴覆い茲充分な_量の^枠、オモリ、あるいは錨をDりけます水f敷がコンクリート構]颪里茲Δ喇wな場合は、 アンカーボルトにてw定します。陬侫蹇璽箸、炭素繊維水浄化材を水中にて直立させるだけでなく、する汚o、育成する水草等の_量も加味し充分な浮をeたせます。
     浮擬阿、炭素繊維水浄化材がL藻のように水中でれることにより、水浄化を行い、魚類の瘛oやi魚の育成の場となります。 水Cに構]颪現れないため、景茲魑なわず、流れの障害となりません。また、潮のJ満などにより水位が変動する場合に官できますが、 水位が浅くばる場合には、フロートが水C屬妨修譴泙水深のjきい場合には、e連Tセットを使します。



    浮擬


    3.D枠擬
     炭素繊維水浄化材の両端を^枠、あるいはD構]颪防w定して設します。両端をw定することにより水中で炭素繊維水浄化材が、 水流や颪覆匹望祿欧pけることなくW定したれのXを保つことができます。よりjきなれを求める場合は、陲鯢w定Dりけし、 下陲浪墜旭茲鮴澆韻篤Dを行います水流があり、‘阿励e険性がある場合は、下陲縫モリあるいは錨をDりけ、水f敷がコンクリート構]颪里茲Δ喇wな場合は、 アンカーボルトにてw定します。
     深さ妓への官は、e連Tセットを使しますが、水位が浅くなり炭素繊維が、水C屬墨出しないよう官します。 水位がW定している場合には、水C屬貌D枠及び炭素繊維水浄化材が見えないため、景茲魑なわず、表C流の障害とならないため、 W定した水浄化が可Δ任△、浄化施設へのDに適しています。



    フレームユニット


    峅赦汎D


    4.水f敷設擬
     E駻X炭素繊維水浄化材をfo分解の`的のため、水fに^枠あるいは直接、オモリ等にてw定設します。 水流により流されないようwにw定します水f陲、貧素Xの場合がHいため、浮擬、D枠擬阿箸暦がおめです。

    5.浮屐椰f敷設擬
     浮擬阿離罐縫奪伐陲亦E駻X炭素繊維水浄化材をDりけて設します。浮擬阿遼七臣坐覗^歐浄化材にて水浄化を図り、 下陲歴E駻X炭素繊維水浄化材にてfo分解を行います。



    浮屐椰f敷設擬


    6.D枠+水f敷設擬
     D枠擬阿離罐縫奪伐陲亦E駻X炭素繊維水浄化材をDりけて設します。D枠擬阿遼七臣坐覗^歐浄化材にて水浄化を図り、 下陲歴E駻X炭素繊維水浄化材にてfo分解を行います。



    D枠+水f敷設擬

    Copy Right (C) 2009 SO-EN CO.,LTD.
    躯袋帽XX來暫溺18